「住宅の調査と補修」

既存建物調査といっても様々あります。中には、築浅物件の不具合部分の発生原因を特定するというご依頼もあります。その場合、住宅リフォーム・紛争処理支援センターの資料集をもとに調査・補修提案をさせていただいています。施工のプロセス等が不明確な場合、不具合の中には原因を特定・断定が出来ない事象もあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です