「全国地震動予測地図」2018年版

26日に地震調査研究推進本部より、今後30年以内に震度6弱以上の大地震に遭う確率を示す「全国地震動予測地図」の2018年版が公表されました。都道府県の県庁所在地別に今後30年以内に震度6弱以上の大地震に遭う確率を見ていくと、一番低いのは札幌市で1.6%、一番高いのは千葉市85%でした。ちなみに松江市は3.8%(2017年は3.7%)、鳥取市は5.7%(2017年は5.6%)でした。あくまでも確率ということで高い低い関係なく、日本にいる限り地震に対する備えは必要だと思っています。


大阪北部震源

6月18日(月)7時58分頃、大阪府高槻市を震源とした震度6弱の地震が発生し、残念ながら命を落とされた方もいらっしゃいます。(消防庁 6月19日19時発表:亡くなった方5名、負傷者406名(内、重傷7名)住宅の一部損害515棟)
犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに被害に遭われた方に心よりお見舞いを申し上げます。