耐震診断・補強計画・耐震工事

地震に不安を感じている方はもとより、住宅のリフォームをお考えの方。まずは耐震診断をしてマイホームの強さをチェックしましょう!

Q.診断時間はどのくらいですか?
A.建物の規模、構造にもよりますが、半日から一日程度を見込んでいます。また、診断の精度を上げるため、全部屋の立ち入り、床下、小屋裏への進入をお願いしております。

Q.うちは耐震診断の対象になりますか?
A.木造住宅の耐震診断は、2階建て以下の「在来軸組工法」が対象になります。それ以外の建物、ご不明な場合は、お気軽にお問合せください。

 

Q.地震が来なければ補強の必要もないと思うのですが?
A.実際に大きな地震が来なければ、家が倒壊するような被害を受けることは当然ありません。しかし、軽微な地震でもボルトが緩んだり、負担の大きい部分が歪んだりと、耐震性の低い住宅が受ける影響は大きく、長く住める住宅にするためにも、耐震診断と補強は欠かせません。

Q.耐震診断って何をするの?何が分かるの?
A.床下・屋内・天井裏・外観等をチェックすることで「地盤・基礎・壁のバランス(建物の形・壁の配置)・壁の量(筋かい・壁の割合)・劣化度」を調べます。その結果から、家のどの部分が弱く、どのように補強すればよいのかが判ります。

●当事務所は、日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協)に加入しています。

●耐震診断のパンフレットを無料でお配りしております。お気軽にお申し込みください。

耐震補強金物取付例