建物調査業務

既存建物の状況調査から耐震、不具合個所の調査をいたします。ご希望があれば改修工事まで請負いますが、調査・診断業務は基本的に消費者の立場に立った第三者の視点で調査・診断いたします。したがって改修工事を前提とした調査を除き調査料をいただいております。

 

●住宅診断・状況調査(ホームインスペクション)

・住宅診断は原則として設計図書を元に行いますが、図面等が無い場合は間取りをスケッチさせていただき調査に入ります。

・住宅診断の所要時間は130㎡以下戸建住宅でおおよそ2時間から3時間程度です。

・住宅診断項目(機材を使った調査) 1.レーザーレベルによる床、壁の施工精度測定/2.シュミットハンマーによる簡易コンクリート強度測定(床下調査オプション)/3.含水率計による木部の水分量測定(床下調査オプション)/4.鉄筋探査機による基礎コンクリート内部の鉄筋調査(床下調査オプション)/5.赤外線サーモグラフィ(76,800画素)による断熱性能・雨漏れ・耐力壁などの調査

・住宅診断項目(目視による調査) 1.外部仕上の損傷(亀裂・欠損・はがれなど)箇所の調査/2.内部仕上の損傷(亀裂・欠損・はがれなど)箇所の調査/3.建具の建付状況の確認/4.換気扇(通電している場合のみ)・水道関係(開栓してある場合のみ)など設備の点検/5.床下調査(オプション)/6.屋根裏調査(オプション)

・お客様にご準備いただくもの 1.調査建物の所有者様との日程調整(建物購入の場合)/2.内覧のため調査建物のカギ(建物購入の場合)/3.図面(設計図書のコピーなど)

・報告書は診断した日から一週間を目処に作成しご郵送いたします。

・建物診断・調査結果は、現況確認を行った時点のものです。将来にわたり内容を保証するものではありません。/目視を中心とした診断になりますので仕上材などで隠れた瑕疵部分は正確に確認や判断できない場合があります。ご了承ください。